広島・山口に4教室(広島市中区・呉市・岩国市・周南市)。日常会話から出張・留学まで徹底フォロー「アイニー中国語学院」

アイニー中国語学院

学院長挨拶アイニー中国語学院 学院長 孫 暁麗(そん・しょうれい)

  1. トップページ
  2. 学院長挨拶

ご挨拶

当サイトをご覧になっている皆さまこんにちは!

こちらはアイニー中国語学院です。
「アイニー」とは中国語で「あなたを愛しています」という意味です。
当学院のこの名称には、すべての受講生の皆さまに親愛の情を持って接するという思いが込められています。当学院の主な業務は、中国語講座、通訳と翻訳、中国語講師派遣、留学手続きの代行などです。

当学院では、受講生の希望に応じて、一人一人に合ったカリキュラムを作成します。

学習内容は、日常生活からビジネス、旅行、接客、試験対策、通訳養成にいたるまで、あらゆる分野に対応しています。

現在、6歳から92歳までの幅広い年齢層の受講生が、数多く在籍しています。
一人一人の受講生のスケジュールに合わせるため、なんと午前8時から午後10時まで、年中無休で受講できるようになっています。
講師たちは頑張っています(笑)。

当学院の講師陣は、全員がネイディブの優秀な女性講師です。講師たちは情熱と豊富な経験を持ち、きれいな標準語で懇切丁寧に指導します。毎年多数の受講生を目標達成へと導き、社会に送り出しています。

私は、当学院が学びの情熱にあふれ、温かくて笑い声の絶えない、受講生の皆さんの家と同じようなアットホームな空間になればと願っています。
授業が終わって教室を出る時、皆さんの表情が自信に満ちあふれていると、私たち講師陣にとって嬉しい限りです。

教室内では先生と生徒ではありますが、授業を離れれば、私たちは友人同士です。
ここで出会い、お互いに理解しあって、友情を深めましょう。
私は当学院が、中国と日本の文化交流のかけ橋になれるよう願っています。中日友好にささやかな貢献ができれば幸いです。
当学院での勉学、交流、友情が永遠であることを・・・!!

中国・遼寧省大連出身。
大連市内の大学で貿易を専攻。卒業後、国営の水産関連企業に入社。幹部社員として従事。1991年、広島を本拠地とする三島食品大連工場に第一期生として入社。そこで、日本に対する興味を大きく掻き立てられる。1996年、満を持して退社。その後、広島に渡る。
日本語学校で、初めて日本語を学び、その後、広島大学、広島女学院大学で研究生として勉学に励む。比治山大学大学院修士課程においては、日本文学を専攻。
勉学の傍ら、中国人講師として、多くの日本人に中国語を教える。現在、広島市内の大学、専門学校などでも中国語を教え、官公庁、あるいは司法機関で翻訳・通訳も行う。
NHKの番組で、コメンテーターとしての出演経験を持つ。長年の経験から、教え方には自信を持っており、楽しくわかりやすい授業を心掛けている。

Copyright © Aini アイニー中国語学院 広島市中区大手町1丁目1-20 ニュー大手町ビル9F 730-0051